売り買いしようとする通貨

とうとうエントリーする時という場面では、何よりも下調べを怠ってはならない。

 

売買を始める前その物を落ち着いて見ることができる余地があります。

 

だけれども、いったん相場の中に踏み込んでしまうと、どう工夫しても見解が自分勝手なものになってしまいがちで、時々真っ当な考え方が出来なくなる。

 

恐れが生じる。

 

だから己の精神が理性的なうちに、きちっと事前準備が重要です。

 

"事前準備"とは、とにかく台本を作成する事から始めます。

 

明日からの相場は上がる(または下がる)からこの通貨を売る(あるいは買う)というようなあなただけの脚本を書いていきます。

 

次に重要なのは相場をチェックしよう。

 

それ以前のレートの動きを確認して位置を確認する。

 

そうすれば、「今は過度に行き過ぎた場面にある」とか、または「もうすでに多数の人が買い(あるいは売り)に動いているから、今から自分が売り(または買い)してもすでになすすべがない」などと見えてきます。

 

もちろん今さら取引するのが遅すぎるなと思ったならば、エントリーしないで、それは潔く諦めることが不可欠です。

 

どうしてもあなたなりのストーリー展開を妥協しないで、新規エントリーするとマーケットに跳ね返されてしまい、逆に損することになる危険があります。

 

ただし大体のケースで、準備が出来ている自らの脚本を書いていれば売買がなすすべがないという具合にはならないでしょう。

 

本格的に市場が上下動する前のはずです。

 

次に、とりあえずは自分が売り買いしようとする通貨の変化を注意深く確かめる事が重要です。

 

仮定として円安になるはずだというシナリオを記したのであればドル円の変化に用心しておきます。

 

市場の上げ下げを注視し始めた場面ではまだドル円は目立って変動する様子を見せず小幅な動きをしているだけでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/joprajop

しかし、その変化を正確にチェックしていると、ある位置でじわじわと円安へと外国為替市場が推移し始めます。

 

このチャンスで初めて、ドル買いのトレードします。

 

これだけ念入りに事前準備をやっておけばその売り買いで勝利する可能性は相当高くなるはずです。